葬儀に関する全てに対して安心を

  • 葬儀葬式はイー葬儀葬式センター
    0120-001-326 24時間365日受付対応

    イー葬儀葬式センター
    会社概要
    名称: イーコーポレーション株式会社
    屋号: イー葬儀葬式センター
    神奈川支社: 神奈川県横浜市緑区鴨居4-2-31
    045-938-4446(代表)
    東京支社: 東京都杉並区高円寺北2-39-33-803
    03-3338-3500(代表)
    多摩支社: 東京都立川市曙町2-32-3
    042-520-7557(代表)

    寝台車出発地 杉並区高円寺24-28-10
    港区西麻布3-1-25
    葛飾区立石2-37
    大田区千鳥2-40
    品川区荏原1-6
    足立区千住緑町1
    板橋区新河岸1-13
    葛飾区奥戸2-42
    世田谷区弦巻3-21
    江東区大島1-36
    杉並区梅里1-2
    豊島区南池袋3-6
    横浜市神奈川区神大寺2-9
    横浜市緑区鴨居4-2-31
    横浜市神奈川区菅田町488
    横浜市磯子区磯子2-21
    横浜市青葉区新石川3-29
    座間市小松原1-18
    立川市曙町2-32-3
    多摩市関戸6-4
    町田市南成瀬3-1
    武蔵野市八幡町2-3
    昭島市東町4-17
    小平市学園西町3-29
    箱根ヶ崎東松原2-14

  • 葬儀のご依頼・ご相談は総合受付専用ダイヤルまでお願い致します。深夜・早朝、24時間体制にて承っております。
    0120-001-326

イー葬儀葬式センター

葬儀に関する全てに対して安心を

葬儀葬式はイー葬儀葬式センター トップページ > 葬儀に関する全てに対して安心を

  • 対面窓口

    対面窓口

    店舗

    店舗①店舗②

    自社斎場/本堂

    自社斎場/本堂自社斎場本堂

    本堂の下に完備されている安置室・お骨の一時預かり可能(預骨)  ・永代供養も対応

    安置室①安置室②

    相談会も実施中

    相談会

    お仏壇のはせがわ商品取り扱い店お仏壇のはせがわ商品取り扱い店

    お仏壇のはせがわ商品①お仏壇のはせがわ商品②お仏壇のはせがわ商品③

    ご家族とのお約束

    24時間・365日いつでも担当者と連絡がとれる状況を作ります。

    <ご依頼頂いた方に安心を>

    担当者といつでも連絡が取れる直通番号をご依頼頂いた方にお伝えすることで、「ただ今担当者が・・・」などという不安を完全に払拭いたします。心配事や不安など生じた時は、深夜・早朝かまわず担当者へご連絡ください。
    心に残るお葬式をご提案します。

    <その人らしい演出を>

    お葬式で「その人らしさ」を演出することもイー葬儀葬式センターでは大切な事だと考えています。
    生前に愛用されていた制服を焼香台の横に展示、同僚だった方が焼香後、その制服に手をかけ、故人を偲ぶ。
    生前に大切にされていたレコードから流れる60年代のジャズ、亡き故人を偲ぶかのように、故人が聞いていた音楽だけがそこに流れる。
    趣味だった写真、故人が生前に撮られた家族の歴史の数々が並べられた会場。そこには家族の愛だけが溢れだす。
    これらはイー葬儀葬式センターへご依頼頂いたお葬式の風情です。(イー葬儀葬式センターでは、お葬式中の空気感や雰囲気を、〝風情を創る〟という言葉で表現しています。風情とは、日本古来存在する美意識の1つです。一般的に、自然の美しさを心で感じ、心を揺さぶらせ豊かにするということですが、イー葬儀葬式センターでは、その思想をお葬式中の空気感や雰囲気にフィードバックさせることで、独自の空気感や雰囲気創りに成功しています。お葬式でこれをしてはダメだというものはありません。"何をしなくてはいけないではなく、何をしてあげたいかが重要〟です。お話しをお伺いし、心に残るお葬式をご提案します。

    9月30日施行、火葬のみでお送りする家族葬、自宅安置→自宅出棺→火葬場にて荼毘。お別れ花(火葬炉にお納めする前にご遺族の方がお棺に入れるお別れのお花)のご注文を頂いていたので、それを供花に変更して自宅に花を飾りませんかと提案。生花祭壇はサービスで創らさせて頂きました。お花をご自宅に飾ることで、出棺前にご自宅でお別れの儀式を行う事が可能なり、火葬のみでお送りするシンプルなお葬式が、温かく心に響くお葬式に変貌します。火葬のみでお送りする家族葬に新たな息吹を吹き込んだイー葬儀葬式センターならではの〝風情を創る〟という思想が生み出すお葬式です。〝自宅でお別れできる火葬式家族葬™〟商標登録/実用新案申請中 商標や実用新案の無断使用は法律により罰せられます。

    7月24日施行、1日で完結する家族葬、自宅安置→自宅でお葬式→自宅出棺→火葬場にて荼毘。最初は家族だけのお葬式で話が進んでいたのですが、訃報を知らされた御親戚やご友人、会社仲間など様々な方々から供花を頂き、お花溢れるリビングに。イー葬儀葬式センターなら、六畳のお部屋さえご用意頂ければそのお部屋を大変貌させることが可能です。昭和の古き良き時代のご自宅でお葬式をおこなっていた時のような“ザ・お葬式”というような雰囲気と空気感に包まれます。

    10月4日施行、お通夜・告別式を行う家族葬、ご遺体安置室預かり→集会場でお葬式→集会場出棺→火葬場にて荼毘。供花6本、デザインはお任せ。ご家族の希望は“コスモス”は入れて欲しいとの要望。出来上がったのがこの祭壇です。祭壇を創るのはお花屋さんの仕事です。いわば、祭壇の良し悪しはお花屋さんにかかっていると言っても過言ではありません。最高のものを創ろうとする創り手(お花屋さん)と、イー葬儀葬式センターの〝風情を創る〟という思想がうまく融合したことで、費用を抑えてながらも見栄えのいいお葬式が出来るという事を見事に証明しました。(祭壇はプラン内のものです。)

    イー葬儀葬式センターの生花祭壇は著名人の祭壇製作を担当したお花屋さんがデザイン・製作する生花祭壇です。

    ・著名人の祭壇製作一例
    石原裕次郎さん
    美空ひばりさん
    松田優作さん
    黒澤明監督
    植木等さん
    谷啓さん
    大滝秀治さん

    イー葬儀葬式センターの生花祭壇一例

    3月1日施行、お通夜・告別式を行う家族葬、ご遺体安置室預かり→斎場でお葬式→斎場出棺→火葬場で荼毘。会社関係からの供花が100本を超え、大型葬なみになったお葬式。イー葬儀葬式センターではこのような大型葬も問題無く対応できるノウハウを確立しています。一般的に大型葬は雰囲気や空気感が一流ホテルのロビーのような凛とした感じになりがちなのですが、イー葬儀葬式センター独自の〝風情を創る〟という思想がもたらすノウハウが、大型葬でも温かく心に響くお葬式に変貌させます。

    最後の30分、最後のお別れ、お別れの儀式に時間を惜しみなく使います。

    <お別れの儀式とは? ご出棺前(火葬炉にお納めする前)におこなう儀式です。ご家族、ご会葬者の方々で、お棺にお花を入れて最後お別れをしてもらう時間です。>

    葬儀社のカラーはこのお別れの時間に全て集約されると言っても過言ではありません。そもそも、お葬式の流れはおおよそ決まっています。その中で葬儀社独自のカラーをいかに出していくかを追及すると、このお別れの時間しか手を入れることが出来ない事に気付かされます。イー葬儀葬式センターの基本理念である〝お葬式とはなにか? お別れとはなにか? ありがとうとはなにか?〟を追及した結果の産物から生み出されたお別れの儀式が、温かく心に響お葬式を可能にしています。葬儀に対しての考え方に関してはこちらをご覧ください。
    http://www.e-sougisha.jp/000/

    お葬式が終わってからも担当者は常にアドバイザーです。

    <更なる安心を>

    お葬式が終わってからも大変。ご家族がよく口にする言葉です。各種手続きや四十九日供養、命日供養や百ヶ日供養など様々な事柄が待っています。不明な点やどうしたらいい的な相談など、お葬式後の仏事のことも担当者へご相談下さい。お葬式が終わってからでも担当者は常にアドバイザーであり続けるべきだとイー葬儀葬式センターでは考えています。
  • 深夜・早朝迷わずご連絡下さい

    お問い合わせフォーマットへ進む